安全な旅行のためのアドバイス

ご旅行される全ての方のマドリッド滞在を安全に、そして安心してご旅行していただけるために、これらのことを意識してください:

  • 1、 財布は後ろのポケットではなく前に入れる。
  • 2、 ウエストポーチ等も後ろにまわさず前に着用。
  • 3、 お金は沢山持ち歩かず、使う分だけもつ。カードを使う ほうが望ましい。『スペインでトラベラーズチェックは不便』
  • 4、 質問してくる人がいたら手を貴重品に回すこと。質問に 答えている間に他の人が盗もうとして来る。
  • 5、 カメラ等を手に持って歩かないこと。持つ場合は注意 すること。
  • 6、 地図を見るときは壁に寄りかかって後ろに人が来ない ようなところでゆっくり見ること。
  • 7、 地下鉄。込んでるときは、常に警戒して、バッグは前に き持ち、手を添えておく。かばんを持ち歩かないで ポケットに貴重品を入れているときは手もポケットへ。
  • 8、 いすやベンチに座るときも荷物を自分のひざに乗せる。
  • 9、 子供達に囲まれそうになったらすぐに逃げる。
  • 10、 空港についたらなるべく航空会社のラベルは剥がす。スリに旅行者と思わせない。

よくマドリッドでは首絞め強盗があるという話を聞きますが、幸いにも当ホステルにこれまでにご宿泊いただいた方は誰一人として、このタイプの事件には合っていません。なので、この首絞め強盗の話は噂が誇張されていったものだと思われます。

マドリッドはバルセロナ、パリ、ロンドンに比べても安全な都市の一つです。

マドリッドのスリはどんな感じ?

スペインの強盗は暴力、凶器を使いません。旅行者の油断している際に財布を盗ろうとします。

マドリッドの泥棒はルーマニア人、ラテンアメリカ人、モロッコ人など、また大半が女性によるスリ 、 2人や3人などによる グループでの犯行になります。

もし手に地図を持った人が、あなたに近づいてきたときはとても注意しなくてはいけません。その地図はあなたからお金を盗む際に、その手を隠すためにあるのです。

マドリッドの地下鉄は安全?

マドリッドの地下鉄には安全カメラが合計で1万個以上設置しており、セキュリティスタッフが全ての駅に配属されています。加えてスリ犯を現行犯逮捕するための私服警官がいますので、マドリッドの地下鉄は安全な交通機関として利用されています。

上記に脅かすような事を書きましたが、警戒し過ぎてしまうと逆にせっかくのご旅行が心から楽しめなくなってしまうと思いますので、上記にあげた事を心の中に留めて頂き、沢山の思い出を創って頂きたいと思うのがヤガミホステル の考えですので不安な事があった場合は何なりとご質問下さい。